妙高山のふもとで海の幸を楽しめる!妙高市「日本海鮮魚センター 新井店」

妙高市のシンボル・雄大な妙高山のふもと “道の駅あらい”に「日本海鮮魚センター 新井店」があります。

海の街として有名な柏崎市にある「フィッシャーマンズケープ 日本海鮮魚センター」の支店であり、「ニッカイ」の愛称で親しまれている大型鮮魚店です。
いつでも新鮮な魚介類を豊富にそろえ、妙高市民はもちろん、他県からの観光客でにぎわっています。

妙高市は日本海への出入り口!?

なぜ、“山の街” 妙高市の道の駅にある鮮魚店が人気なのでしょうか。

なぜなら、妙高市よりさらに内陸に入る長野県の方々にとって、妙高市は新潟県=日本海の出入り口にあたるからです。
多くの方が新潟への観光の帰り道に、この「日本海鮮魚センター 新井店」に立ち寄り、自宅用やお土産として海産物を購入して行くそうです。

豊富な種類と鮮度が自慢の魚介類!

広い店内でまず目につくのは種類豊富な魚介類です。
上越や能生、寺泊などの新潟県内の漁港で上がった魚を中心に、新鮮な魚介類が数多く並んでいます。
中には“ガスエビ”や“ゲンギョ”といった上越地方ならではの地魚も見えます。

この日は、今の時期しか捕れない日本海の珍品“ホタルイカ”を購入しました。
自宅に帰ってからボイルし、酢味噌を合わせておつまみにしました。
独特の食感と香りが毎年春の楽しみになっています。

能生漁港で水揚げされた色鮮やかな“紅ズワイガニ”がなんと1杯800円から買うことができます。
8杯入りの箱単位だと1杯あたりの価格はさらにお得に。
茹でてあるのでそのままでも食べられますが、お味噌汁にして食べるのもおいしいですね。

お寿司・浜焼きの総菜コーナーには人気のご当地グルメも

新鮮な魚を使ったお寿司や作りたてのお惣菜もそろっています。
サバやメバル、タイなどの魚を丸々一匹棒に刺して焼いた“浜焼き”も人気で、休日には店先で豪快にかぶりついている観光客も多く見られます。

「日本海鮮魚センター 新井店」に来たらぜひ食べて欲しいのが“サバサンド”です。
本店がある柏崎市のご当地グルメとして有名な一風変わったメニューです。

コッペパンに野菜とサバのから揚げがサンドされ、レモンと塩コショウで味付けされています。
想像以上にサバとパンの相性が良く、さっぱりとしたクセになるおいしさです。

「ニッカイ」の魚介を丼で食べられるお店がオープン

この春、同じ道の駅あらいの敷地内に「日本海鮮魚センター 新井店」が運営する飲食店「えちごん亭」がオープンしました。
「日本海鮮魚センター 新井店」の真向かいに位置しており、歩いて向かうことができます。
「えちごん亭」は鮮魚店直営ならではの、新鮮な魚介を活かした海鮮丼の専門店です。

旬の魚介を使った海鮮丼がリーズナブルな価格で食べられます。
訪問した時はまだオープン直後だったためメニューが限られていましたが、今後どんどんとメニューが増えていくようです。

妙高市で魚介類・海産物をお求めの際は、ぜひ“道の駅あらい”の「日本海鮮魚センター 新井店」に足を運んでみてください。

日本海鮮魚センター 新井店
住所:新潟県妙高市猪野山55-16
アクセス:えちごトキめき鉄道「新井駅」から車で7分
     上信越自動車道「新井PA」スマートインターチェンジから1分
電話:0255-70-5544
営業時間:9:30-18:00
定休日:1月1日