100年以上の歴史ある醸造所の販売店!上越市「山本味噌 エルマール店」

毎日の食卓に欠かせないお味噌汁。
みなさんはどんな味噌を使っていますか?

上越市の多くの家庭では、古くから地域に伝わってきた特徴ある味噌が使われています。

今回は、大正5年創業の歴史ある味噌の醸造所 『山本味噌 エルマール店』を紹介します。

『山本味噌』は直江津駅前商店街にある本店と、ショッピングセンターのテナントのエルマール店の2店舗があります。
このショッピングセンターは、以前の記事で2階に世界最大規模の無印良品があることも紹介されています。
週末を中心にさまざまなイベントが開催されていて、活気がある街の中心施設です。

上越の伝統的な味噌「浮き糀味噌」

『山本味噌』をはじめ、上越市の数ある醸造所で作られている伝統的な味噌は『浮き糀味噌』と呼ばれています。
『浮き糀味噌』の呼び名は、この味噌をお味噌汁にしてお椀に注いだ時に、お椀の底からフワッと糀の粒が浮き上がってくる様子に由来しています。

上越は昔から良質なお米の産地で、味噌を作る際にはお米から作られた米糀を一般的な味噌より2割ほど多く使用しているそうです。
また、糀はそれぞれの醸造所で手作業で作られており、できた糀をすぐに他の原料と合わせて仕込みが行われます。
これも他のお味噌作りではあまり見られない特徴です。

こうして作られる味噌は、糀の粒が大きく残り、『浮き上がってくる』見た目の特徴だけでなく、糀のまろやかな旨味が感じられる優しい味わいの味噌になります。

『山本味噌』の代表商品の『雪ん子みそ』は上越の多くの家庭の定番として、毎日の食卓に登場します。
雪ん子味噌の名前やイラストの由縁を聞いてみたところ、いつ採用されたかわからず、いつの間にかこれが定着していたそうです。
この他にも2年間熟成させた『かまたき味噌』や塩分控えめな『越の淡雪』、『直江の津』など、さまざまな種類の味噌が販売されています。

季節の野菜を漬けた味噌漬けもおすすめ

お店には季節の野菜を使った味噌漬けも並んでいます。
味噌漬けは『雪ん子みそ』をベースに作られた味噌床に約3カ月間野菜を漬け込んだ昔ながらの味噌漬けです。
おすすめの品がセットにされたパックもありますが、店頭で希望のものを必要な分だけ量って買うこともできます。

わが家の定番は大根と生姜の味噌漬けのみじん切りです。
子どもたちが小さいころから、これさえあれば食が進む最強のごはんのお供です。
おにぎりにしてもおいしいので、お弁当の日にも頼りになる逸品です。

オリジナルの味噌商品や『メイドイン上越』商品も

『山本味噌』では伝統的な浮き糀味噌や味噌漬け以外にも、オリジナルの味噌商品や上越市の名物がたくさん取り扱われています。
味噌をパウダーにして振りかけて使うタイプの『みしょ』や、音楽を響かせて発酵を促した『音で育てたおいしい味奏(みそう)」は老舗味噌屋の枠を飛び越えた独特なアイデア商品です。

また上越市の特産品認証制度『メイドイン上越』に認められた商品の販売にも力を入れていて、山本味噌で開発した商品のほかにも、お菓子屋や工芸品など、さまざまな商品を購入することができます。

上越市の伝統的な味と革新的なアイデア商品がそろう山本味噌 エルマール店でぜひお買い物を楽しんでください。

山本味噌 エルマール店
住所:新潟県上越市西本町3丁目8−8 直江津ショッピングセンター1階
アクセス:えちごトキめき鉄「直江津駅」から徒歩10分
     北陸自動車道[上越IC]より車で10分
電話:025-543-5656
営業時間:10:00-20:00