海に沈む夕日が撮れる有名フォトスポット!上越市「たにはま公園」

エリア&駅 新潟県 上越市 西戸野 
カテゴリー

上越市に長年住んでいる方から、日本海に沈む夕日がキレイに見える公園があると教えてもらいました。

ここ最近、仕事で失敗することが多く、気分をスッキリさせたかったので、車を走らせて教えてもらった公園に行ってきました。

今回は、「たにはま公園」を紹介します。

ドッグランやバーベキューエリアがある公園

国道8号線を糸魚川方向に走り、有間川交差点を曲がると、たにはま公園への案内板が見えてきます。

案内板に従って進むと「たにはま公園」にたどり着けます。

園内には、東側駐車場と西側駐車場の2つがあります。今回は東側駐車場に車を停めました。

こちらは、園内のマップです。

予想以上に広々とした公園だったので驚きました!

たにはま公園には、ドッグラン、自然豊かな森、大型の遊具、バーベキューエリア、海の見える丘があります。

上越市でドッグランがある公園は、おそらく「たにはま公園」のみ!平日の夕方にも関わらず、ドッグランではのびのびとかわいい犬が走って遊んでいました。

ドッグランを使う方は、私が車を停めた東側駐車場を使うのがオススメです。

園内で夕日がキレイに見える場所は『海の見える丘』なので、散歩がてら園内をゆっくり歩いて移動することにしました。

自然豊かな森では、普段見かけない動物とも会える!

東側駐車場から歩いて約5分ほどすると、道の左側に自然豊かな森が現れます。園内にある森は『想像の森』と呼ばれ、たくさんの動植物が共存しています。

森のそばを歩いていると、普段聞くことのない動物の鳴き声が!

声のする方向を見ると、草むらの中にキジが!
運が良ければ、普段目にすることない動物を見ることができます。

子どもが楽しめる遊具も豊富!

西側駐車場の近くには、大型の遊具、小型の遊具が設備されています。

こんな大きな遊具があると、子どもも大喜びですよね。
体が小さい子どもが遊ぶときは、怪我をしないようにしっかり見守ってあげましょう。

もちろん大型の遊具だけではなく、ブランコやシーソーなど、小さい子が遊べる遊具もあります。

一瞬で沈む夕日を撮影する!

遊具がある広場からさらに数分間歩くと、目的地の『海のみえる丘』があります。

海の見える丘には、大きなケヤキの木があります。本当に大きい木なので、目印にして向かうと迷わずたどり着けます。

写真の右側に映っているのが、目印となるケヤキの木です。

こちらは、『海が見える丘』に設置されている案内板です。

『海の見える丘』では、日本海だけではなく、米山、佐渡島、能登半島なども見ることができます。

夕日まで時間があったので、近くにあるベンチに座って待つことにしました。

こちらは18時前の写真です。

太陽が沈むまでまだ少しかかりそうですね。
夕日を撮りに来た地元のカメラマンの方がいたので、お話をしながら夕日が沈みはじめるのを待ちました。

19時前になると、ついに夕日が沈みはじめました。数分で一気に夕日が日本海に沈みきってしまいそうです!

カメラマンの方が「沈みはじめるまでは時間がかかるが、沈みはじめると一瞬で終わる」と言っていました。
夕日を見るまで1時間以上待ちましたが、沈むのは本当に一瞬だった、と体感できました。

カメラマンの方が、夏になるにつれて太陽が沈む位置が少しずつずれていくため、日本海に沈む夕日が見ることができなくなることを教えてくれました。

日本海に沈む夕日を見たい方は、見える時期をチェックしてから行きましょう。

夕日だけではなく星も観察できる『海のみえる丘』

「たにはま公園」は夕日だけでなく、北極星もキレイに見える公園として有名です。

夕方は夕日が見えて、夜は北極星が見えるなんて、とても魅力たっぷりな公園ですよね。
夕日や星空を堪能したい方、たくさんの自然に触れたい方、ドッグランで愛犬を自由に走らせてあげたい方、子どもと一緒に遊具で遊びたい方、バーベキューを楽しみたい方は、ぜひ「たにはま公園」に足を運んでみてください。

たにはま公園
住所:新潟県上越市西戸野294
アクセス:北陸自動車道「名立谷浜IC」より車で約15分
休業日:無休
    ※冬期間(12月中旬頃から3月中旬頃)は閉鎖されています

エリア&駅 新潟県 上越市 西戸野 
カテゴリー