技術力のある味噌の蔵元!上越市「丸久味噌株式会社」

普段愛用している丸久味噌。

実は、麦味噌が主体の地域に長年住んでいたので、米味噌を使ったのは上越市に引っ越しをしてからでした。

丸久味噌は、いつも近所のスーパーで購入してましたが、上越市に本店があると旦那から教えてもらったので、雪が降る寒い日でしたが本店に行ってみたくなりました。

今回は「丸久味噌株式会社」を紹介します。

上越市は「発酵のまち」とも呼ばれている!

高田方向に車を進めること約20分。

駐車場が設けられているため、車で来店しても問題なく駐車することができます。

日本一長いと有名な高田の雁木通り(がんぎどおり)の中に「丸久味噌株式会社」があります。

「丸久味噌」の創業は、嘉永3年(1850)とおよそ約170年前!
「丸久味噌」は、長年培ってきた醸造の精神、こだわりの国産の原料を使用し、芳醇で風味が良く飽きない味噌づくりを追い求めてきました。

毎年開催されている“全国味噌鑑評会”においても、「丸久味噌株式会社」は数々の受賞歴を持っている技術力のある味噌の蔵元です。

また、上越市の気候は1年を通して湿気の多い気候が特徴。
この気候は、微生物が発酵を行うのに最適な気候とされています。
さらに、上越市は農作物の栽培にも恵まれているため、「発酵」「食材」が生活の中に強く根付いていきました。
これらのことより、上越市は味噌などの発酵文化が盛んなため「発酵のまち」とも呼ばれています。

老舗の雰囲気がある店内

お店の外観だけでなく、内装も老舗の雰囲気が漂っています。
店内のショーケースには、さまざまな種類の味噌が並んでいました。

上の写真の左下に写っている味噌は、私の家で愛用している味噌です。
さまざまな料理に合うので、1kgもあっという間に使い切ってしまいます。

本店でしか購入できない限定の味噌も購入することができます。

せっかくなので今回、店員さんオススメの「天然醸造」を購入!
料理に使うのがとても楽しみです。

詰め合わせセットも販売しているので、お土産として贈ることもできます。
今度、実家のお土産として贈りたいです。

味噌を使った加工品も販売!

「丸久味噌株式会社」では、味噌を使った加工品も販売しています。

こちらは新発売の「しそ巻き」です。

新潟県妙高市にある妙高ガーデンで栽培された大葉、手作りの浮きこうじ味噌を使用しています。

こちらも実際に購入しました。

さっそく、購入したその日に実食!
大葉の香りと、味噌、クルミ、ゴマの相性が抜群でした。
お酒、特に日本酒や焼酎との相性も最高でした。

その他、味噌を使ったお煎餅、味噌漬けも販売していました。

味噌漬けも気になったので、またの機会に購入したいです。

味噌で毎日を健康に!

昔から日本の食卓に欠かせないものとして味噌は愛用されてきました。
今では、味噌は日本食だけではなく、さまざまな料理に使うことができる食材です。

さらに、味噌には、体に良い成分がたくさん含まれています。
ぜひ、味噌の蔵元として技術力の高い「丸久味噌株式会社」が作る味噌を使ってみてください。

丸久味噌株式会社
住所:新潟県上越市南本町2丁目3-13
営業時間:9:00~17:15
定休日:土・日曜日
アクセス:JR妙高はねうまライン「南高田駅」から徒歩9分