名店の味を上越市で味わうことができる!「餃子の雪松 上越店」

主婦の方は、毎日ご飯を作っていると、

「今日のご飯は何にしようかな」
「ご飯のメニューが思いつかない」
「簡単に作れるもので済ませたい」

と思う方も多いのではないでしょうか。

そんな時、とても気軽に作れておいしいご飯の一品があります。
今回は無人直売所「餃子の雪松 上越店」を紹介します。

秘伝の味を継承した餃子

「餃子の雪松 上越店」は、2021年7月に上越市にオープンしました。
オープン初日は、なんと行列ができていたそうです。

場所は国道8号線を長岡方向に走ると、国道沿いに販売場があります。

「餃子の雪松」は、群馬県の温泉街にあるお食事処「雪松」の初代店主が生み出した秘伝の味を継承し、冷凍餃子として販売を行っています。

この「餃子の雪松」は、餡に入っている国産キャベツに強いこだわりが!!実は、季節によって使うキャベツの産地を変えているのです。

餃子の皮に使う小麦粉もオリジナルのブレンドをしたものを使っているため、他の店では味わえないモチモチ感のある皮になっています。

それでは、気になる店内に入ってみましょう。

スムーズに購入することができる

「餃子の雪松 上越店」は無人販売なので、購入方法がとても簡単でスムーズです。

店内に入ると、購入方法を説明している動画が流れていました。

購入方法をざっくり説明すると、冷凍庫から餃子を取り出して、料金箱にお金を入れるだけ!
とても簡単ですよね。
これなら、子どもにお使いを頼むこともできそう。

こちらの写真が、餃子が入っている冷凍庫です。
この冷凍庫から購入したい包数分の餃子を取り出します。
ちなみに、販売されているのは1包36個入りのみです。
冷凍庫で1ヶ月間保存可能なので、何回かに分けて使うことができますね。

冷凍庫の隣には、餃子のタレも販売しています。
こちらのタレも、雪松の餃子のおいしさが引き立つようこだわって作られています。

お店の1番奥には、お金を入れる料金箱が設置されています。
こちらの料金箱に、購入した分のお金を投入します。

ここで1点注意があります。
無人販売所のため、おつりを用意することができません。そのため、餃子を購入される方はおつりが出ないようにお金を用意してきて下さい。

料金箱の隣には、レジ袋が用意されています。
レジ袋は無料なので、エコバックを忘れてしまっても安心ですね。

また、持ち帰るまでに時間がかかってしまう方もいらっしゃいますよね。
そんな方にも安心して持ち帰ることができるように、保冷パックも設置されています。こちらは無料ではなく1枚100円で購入する形式になります。

「餃子の雪松 上越店」は24時間営業のため、仕事で帰るのが遅くなっても餃子を購入することができます。
また、焼くだけで食べれるため、仕事や家事で疲れていてもパパっと準備して食べることができますね。
ビールと餃子の相性も最高なので、疲れが一気に吹っ飛びそうですね。

完全無人販売所なので安心して購入することができる

「餃子の雪松 上越店」で餃子を購入すると、名店の味を気軽に家で味わうことができます。
購入して焼くだけなので、ご飯のメニューに悩んでいる主婦や、忙しくてご飯を作る時間がない方の強い味方ですよね。

また、完全無人販売所なので、コロナ禍で人との接触を気にされている方も安心して購入することができます。
ぜひ、「餃子の雪松 上越店」に足を運んでみてください。

餃子の雪松 上越店
住所:新潟県上越市下源入501
営業時間:24時間営業
定休日:無し
アクセス:北陸自動車道「上越IC」から車で約6分 JR信越本線とえちごトキめき鉄道直江津駅より徒歩約27分